夜間でも理学療法士の勉強ができる|働きながら学ぶ

働きながら通学できる

男女

実践的な授業

理学療法士はリハビリ専門職であり、国家資格を取得すると仕事をすることができます。そして仕事をしながら資格を取得するなら、夜間部がある専門学校がぴったりです。理学療法士の専門学校や夜間部なら今の仕事を辞めることなく、リハビリの専門知識と技術を身につけることができるので助かります。理学療法士の専門学校夜間部では、学校のOBで現役のプロが指導してくれるので実践的な技術を学ぶことができます。また同級生や上級生と切磋琢磨することで、モチベーションも上がります。理学療法士の専門学校夜間部の生徒は、学生にフリーターやサラリーマンから主婦まで様々な背景を持つ人が在籍しています。そして理学療法士の専門学校夜間部では、リハビリ関係のアルバイトも紹介してくれるので助かります。アルバイトで現場を体験しながら、経済的にも助かるので一石二鳥です。アルバイトは未経験者でも可能なものが多いので大丈夫です。さらに理学療法士の専門学校夜間部では、教師が生徒の様々な悩みや問題にも親身になって相談にのってくれます。理学療法士の専門学校夜間部の授業の内容は充実したもので、昼間部と比較しても遜色ないものです。理学療法士の専門学校夜間部を卒業して国家資格を取得すると、年齢に関係なくリハビリ職につくことができます。また理学療法士の専門学校夜間部の国家試験合格率は、9割を超え全国平均を上回っています。そして卒業すると病院や福祉施設や診療所などで働くことができます。

勉強

低下した身体機能の回復

理学療法士とは、身体機能回復のためのリハビリテーションをサポートするスタッフです。理学療法士になるには、まずは国家試験の受験資格を得る必要があるのですが、そのために多くの人が専門学校や大学に通っています。特に専門学校は、的を絞った学習で、必要な単位を3年間で修得できることから人気があります。

目のパズル

視能訓練の専門家

視能障害を持つ人が増えていることから、現在では視能訓練士の需要が高まっています。視能訓練士資格は、養成施設で3年間学び、国家試験に合格することで取得できます。医療系の大学や専門学校を卒業している場合、既修分野における学習は免除されます。国家試験は年1回実施され、合格率は約95%となっています。

婦人

リハビリのプロになる道筋

やりがいのある仕事と言えば、作業療法士が挙げられます。この仕事に就くためには、専門学校や大学などに通い資格を取得しなければなりません。毎日しっかり学習することで、資格を取得することができます。